グローバル化が進む現代

グローバル化が進む現代において、貿易事務など貿易に関する仕事に対しての需要は増え続けています。しかし、貿易事務は貿易の基礎的な知識や、高い英語力などが必要になる場合があります。未経験から希望する場合は、しっかりとした計画を立ててから望むと良いでしょう。

海外と取引のある企業で必要な英語力

英語力はどうしても必要

海外と取引しているメーカーや商社では、貿易事務が扱う書類などが半分以上英語になるため、それなりの単語力や読解力が必要になります。そのため、日頃から英文に関しては勉強しておくと良いでしょう。ただ、職場によっては英会話などはそれほど必要とされないところもあります。まずは、最低限基本的な単語や文法は抑えておきましょう。英語がどうしても出来ない方は、日本語のみ使う貿易事務の仕事もありますので、求人などに登録しいろいろな企業の貿易事務をチェックしてみましょう。

具体的にどのレベルの英語力が必要か

面接を受けたいと思っても、どれくらいの英語力が必要なのかわからないと不安だと思います。企業や部署で異なりますが、英会話が必要な部署では、海外のラジオ放送など8割以上聞き取れることが好ましいです。読解力に関しては、英語圏のインターネットニュースサイトなどをストレスなく読み進められるかが基準になります。

どうすれば英語力を上げることができるか

必要な英語力を身に着けるためにはどうすればよいのでしょうか。英語圏の友人を作ったり、留学したりすることはなかなか出来ないという人も多いと思います。おすすめの学習法は、海外の日常ドラマなどを購入するか借りてきて、英語字幕で見ることです。英語字幕がすぐにはわからなくても、日本語字幕で見るのはやめましょう。日本語字幕はかなり意訳されているので、実際の音声と表示されている内容が合っていないことがあります。また、映画という選択もありますが、映画は状況が特殊な場合が多いので、できるだけ日常会話が多いドラマを選ぶと良いでしょう。シリーズ物を選ぶと出演者の声を覚えることが出来るので、手っ取り早くリスニング力をあげるには助けになります。

テストなども積極的に受けてみよう

英語のテストを受けることは、自分の英語力を客観的に判断する手助けになります。また、高得点であれば貿易事務の応募の際にかなり有利に働くでしょう。定期的に何らかの英語力テストを受けることで、モチベーション維持にも繋がります。

英語力はコツコツあげる

貿易事務の仕事のために、短期間で英語力をがむしゃらに上げようとするのはよいですが、基礎がない場合は時間が掛かるということを理解し、あせらず長期的な目線で勉強を進めた方がいいです。仕事で英語を使う場合、単語だけで1万語近く覚える必要があります。着実に自分のペースで取り組むことが一番大事です。

貿易事務という仕事

電話する女性

貿易事務の仕事の内容

貿易事務とは何でしょうか。一言でいうと、商社やメーカーの商品の輸出や輸入に関連する事務手続を行なう仕事といえます。当然企業によって取扱商品や仕事内容は多岐にわたります。貿易の基礎的な知識や、海外と取引がある企業では英語力が必要になるでしょう。

未経験でも就業可能なところもある

貿易事務の求人は、ある程度経験したことのある人を募集していることが多いですが。しかし、英語力に自信があったり、貿易に関する資格を持っていたりすれば未経験からの採用も可能な場合もあるでしょう。

パソコンのスキルは必須

貿易事務は通常の事務仕事に加えて、貿易に関して専門的な知識も必要になります。そのため基礎であるパソコンのスキルは必須条件といえるでしょう。ワードやエクセルの操作には慣れ、基本操作は身に付けている状態で求人に望むと良いでしょう。

貿易に関する資格は持っていたほうがいい

貿易に関する仕事には、貿易実務検定や通関士などの資格があります。こういった資格は必須ではないですが、選考する上で有利に働くことは確かです。出来れば取得しおきましょう。

研修会やセミナーに行こう

貿易事務になるための無料の研修会やセミナーなどが神奈川でも開催されています。受講することで、自分がどうすれば貿易事務という仕事つけるか具体的に分かるでしょう。実際に貿易事務の仕事に関わっている人たちの生の声を聞くことが出来ます。

広告募集中